お金を借りて

私は独身時代キャッシングを頻繁に利用していました。
給料日前に同僚に飲みに誘われた時や、スーツなど高価なものが欲しくなったときに、
コンビニのATMでまるで銀行からお金をおろすように便利に使うことができたので、
まったく後ろめたい気持ちにもなりませんでした。
給料やボーナスをやりくりして少しずつ返済すれば何の問題もないと思っていたのです。
実際に独身時代にはなんの問題もなく過ごすことができました。
しかし、結婚をして住宅ローンの審査を申し込んだときにキャッシングの残金があると
いうことがひっかかってしまったのです。
便利だと思っていたキャッシングが、住宅購入の足かせとなってしまうとは考えも
しませんでした。
この時は両親にお金を借りて一括返済をし、無事に住宅を購入することができたのですが、
そのときに学んだことは自由にお金を使うことができる独身時代は上手に即日借入キャッシングと
付き合っていけばとても便利なものだけど、結婚してからはキャッシングは使っては
いけないものだと気づきました。
自分の責任で利用することは自由ですが、守るべき家族がいる場合にはきちんと計画を
たてて貯金をすることの方が大切なことだと勉強をすることができました。